メンバー紹介

Q.社業について、教えてください。

私の社業は創業当時から取り扱っている和紙をはじめ、印刷用紙や特殊紙など様々な紙を取り扱っております。また、包装資材やフィルムなども取り扱っており、近年はこれまで培ってきた流通ネットワークのノウハウを活かし、情報機器や複合機などを活用した業務の提案を行っております。

Q.JCI金沢に入会したきっかけを教えてください。

私の父が元々JCI金沢に所属しており、熱心にJC活動を行っていた姿をみていたのでどういう団体か少しわかっていました。金沢に戻ってきた2年後にお誘いいただき、一度はそのお誘いをお断りしたのですが、尊敬する先輩が5人勢ぞろいで会いにきてくださり、JCとはどのような組織かということを教えていただき、この団体に入れば普段の生活や社業からは得られないものが得られるのではないかと思い、入会を決意しました。

Q.JC活動を通じて、自分が成長したと感じていることを教えてください。

様々な事業に携わってきましたが、簡単なものは1つもありませんでした。ダメなのかと思ったこともたくさんありましたが、目の前のハードルを越えるための努力を続ける忍耐力と最後までやり通す力を得ることができたと思います。また、「無用の用」という言葉のとおり、実際に行うかどうかはわからない、使われるかどうかはわからないけれどもあらゆる想定と準備をしっかりと行い、どのような状況でも対応できるように行動することの大切さを学びました。そしてそれらの過程において、ともに行動する仲間とのコミュニケーション能力やマネジメント能力が養われたと感じています。

Q.どのようにJC活動と社業を両立しているのかを教えてください。

会社、家族、JCなどの全てのやるべきことを同じフィールドに並べて、優先順位をつけて対処してきました。特に他の人にも影響がある事柄については優先してきました。よく「社業優先」「家族優先」と言われますが、確かにその面もあります。しかし、JCだから後回しでよいと考えたことはありません。なぜなら、JCでの学びが今後の会社、家族、人との接し方に新たな可能性をもたらすと思っていたので、どれもが重要であると考えているためです。

Q.これからどのような未来を作りたいと思っていますか?

会社の規模拡大にはこだわっていないのですが、関わる皆さんが安定的な持続可能な生活ができるような環境を築きたいと考えています。そして、今の会社と家族と私があるのは、金沢のまちがあるからこそだと考えているので、住み暮らす金沢のまちのために、生かして貰っている金沢のまち、金沢のひとのために、今までの恩返しの気持ちを込めて一経済人として過ごしていきたいと思います。

直前理事長

中島 雄一郎

2013年度入会

株式会社中島商店 代表取締役社長

直前理事長

中島 雄一郎

2013年度入会

株式会社中島商店 代表取締役社長

Q.社業について、教えてください。

私の社業は創業当時から取り扱っている和紙をはじめ、印刷用紙や特殊紙など様々な紙を取り扱っております。また、包装資材やフィルムなども取り扱っており、近年はこれまで培ってきた流通ネットワークのノウハウを活かし、情報機器や複合機などを活用した業務の提案を行っております。

Q.JCI金沢に入会したきっかけを教えてください。

私の父が元々JCI金沢に所属しており、熱心にJC活動を行っていた姿をみていたのでどういう団体か少しわかっていました。金沢に戻ってきた2年後にお誘いいただき、一度はそのお誘いをお断りしたのですが、尊敬する先輩が5人勢ぞろいで会いにきてくださり、JCとはどのような組織かということを教えていただき、この団体に入れば普段の生活や社業からは得られないものが得られるのではないかと思い、入会を決意しました。

Q.JC活動を通じて、自分が成長したと感じていることを教えてください。

様々な事業に携わってきましたが、簡単なものは1つもありませんでした。ダメなのかと思ったこともたくさんありましたが、目の前のハードルを越えるための努力を続ける忍耐力と最後までやり通す力を得ることができたと思います。また、「無用の用」という言葉のとおり、実際に行うかどうかはわからない、使われるかどうかはわからないけれどもあらゆる想定と準備をしっかりと行い、どのような状況でも対応できるように行動することの大切さを学びました。そしてそれらの過程において、ともに行動する仲間とのコミュニケーション能力やマネジメント能力が養われたと感じています。

Q.どのようにJC活動と社業を両立しているのかを教えてください。

会社、家族、JCなどの全てのやるべきことを同じフィールドに並べて、優先順位をつけて対処してきました。特に他の人にも影響がある事柄については優先してきました。よく「社業優先」「家族優先」と言われますが、確かにその面もあります。しかし、JCだから後回しでよいと考えたことはありません。なぜなら、JCでの学びが今後の会社、家族、人との接し方に新たな可能性をもたらすと思っていたので、どれもが重要であると考えているためです。

Q.これからどのような未来を作りたいと思っていますか?

会社の規模拡大にはこだわっていないのですが、関わる皆さんが安定的な持続可能な生活ができるような環境を築きたいと考えています。そして、今の会社と家族と私があるのは、金沢のまちがあるからこそだと考えているので、住み暮らす金沢のまちのために、生かして貰っている金沢のまち、金沢のひとのために、今までの恩返しの気持ちを込めて一経済人として過ごしていきたいと思います。