「5月例会」報告

5月18日(水)、石川県女性センターにて5月例会が開催されました。

今回の例会アワーは二部構成となっており、第一部ではかなざわの文化発信委員会による「かなざわ能楽体験」が行われました。冒頭、シテ方宝生流能楽師の佐野玄宜様とかなざわの文化発信委員会メンバーにより、演目「高砂」の一部が披露されました。その後、佐野様からのお話を聞き、最後は能楽クイズが行われ、私たちが身近に耳にする言葉が能楽由来であることを知れたりと、能楽の奥深さと楽しさを知る機会となりました。

例会アワー第二部は第68代理事長 鶴山雄一先輩、2014年度会員拡大委員会委員長 山岸敬広先輩をお招きして、「青年経済人が40歳までにすべき3つの挑戦」と題したトークセッションが行われました。体験談を交えてお話いただき、時間が足りないと思うほどに興味深く楽しい時間となりました。

また、今回の例会には一般社団法人福山青年会議所の皆さまが「全国城下町シンポジウム 福山大会」PRのために、公益社団法人日本青年会議所 北陸信越地区 石川ブロック協議会の皆さまが石川ブロックにて行われる事業のPRのためにお越しくださいました。金沢のみならず、様々な場所で事業に取り組んでいる皆さまの熱意に触れることができ、私たちも負けずに挑戦を続けていきたいと思いました。

これからも明るい豊かな社会の実現に向けて、メンバー一丸となり取り組んでまいります。